• 意味
  1. Michigan Leadership Studies
  2. 「従業員重視」と「生産重視」という2つの相反する行動パターン軸で、リーダーシップ行動を定義する行動理論の2軸モデル。行動理論の1つ。ミシガン大学社会調査研究所のリッカートらが、この立証研究を行なった。
  3. 研究では、プルデンシャル生命の監督者を対象に行われた実験を通じて、「生産重視」のリーダーシップよりも、「従業員重視」のリーダーシップの方が高い業績を上げられることが証明された。すなわち、メンバーとの接触時間を多く持ち、気持ちの理解に努める、仕事に関する意思決定にメンバーを参加させる、といった行動パターンを持ったリーダーシップである。 「従業員重視」は要因重視、「生産重視」は結果重視として分類できる。
  4. 「またミシガン大学研究モデルは、ミシガン研究とも言う」