1. hypothesis verification
  2. 仮説の真偽を、事実情報に基づいた実験や観察などを通じて確かめること。
  3. 仮説検証は、以下の3つのプロセスを繰り返し行う「思考のプロセス」と捉えられる。 ①状況の観察・分析 現状の状況をよく観察する。何を観察するかは、その事象の状況によるが、プロジェクトなどで言えば、まず目的をしっかりと押え、背景にあるのは何か、またどのような制約条件があるのかを分析することが重要である。また、プロジェクトを進めていく上で、状況がどのように変わっていくかを分析する。 ②仮説の設定 「仮説」(ここでは『物事に対する仮の答え』とする)を設定する。例えば、「この商品はこうすれば売れるだろう」「これをすることにより、こんな効果があるに違いない」といったことである。 ③仮説の検証 設定された仮説が正しいかどうかを検証するためには、仮説を設定した時以上の情報が必要になる。リサーチを行う、あるいは実際に行動してみて、その結果を分析し、仮説が正しいかどうかを判断するための情報を得て、検証をする。仮説が収集した情報と照らし合わせ、間違っていればその仮説を修正する。 仮説検証とは、これらのプロセスを繰り返し行っていくことである。