1. price variance
  2. 実際の仕入れ価格と、標準原価に使用した標準価格との差異。
  3. 標準原価は、実際の活動の結果である実際原価と比較する必要がある。原価管理の主要項目として、材料費があげられる。材料費には、製品を構成する主要な材料であり金額的にも重要度が高いものや、社外から購入しそのまま使用される材料も含まれており、コストダウンの対象となる。従って、価格差異を分析して、購入の時期や量、あるいは売り手の交渉力など、多面的な判断から購買を決定する必要がある。