1. corporate strategy
  2. 多くの事業を傘下に持つ企業が、その各々の事業の戦略(事業戦略)以外に、より高いレベルで持続的な競争上の優位性を確立するために行うべき方針の決定。
  3. 具体的には、企業がどの事業領域(事業ドメイン)で戦い、どのような事業の組み合わせ(事業ポートフォリオ)を持ち、それらの事業の間でどのように持てる資源を配分するかを選定する。 全社戦略は、企業の経営プロセスの中ですり合わされて作成されていく。経営理念やビジョンの下に全社戦略が策定され、それが個別の事業戦略に分解されていくという下への流れと同時に、個別の事業戦略の策定から全社戦略の可能性が拡大したり、全社戦略の変更がビジョンに影響を与えたりといった上への流れもある。これを繰り返す双方向的なプロセスとなる。
  4. 「また全社戦略は、企業戦略とも言う」