• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

問題児

  1. Question Mark, Problem Child
  2. 市場が成長期にあり、かつ自社のシェアが低く、一般的に収益性も低い事業。PPMによる分類の1つ。
  3. 収益性が低い理由としては、シェアが低いためにコスト面で不利である、あるいはブランド力がなく販売価格も低い、などが考えられる。一方で、成長期ゆえに運転資金や設備投資の需要は大きく、従ってキャッシュ・フローはマイナスとなる。これを花形製品に変えるには、さらに多くの資金を投資し、市場の成長率以上のスピードで事業を伸ばしシェアを高めていくことが必要となる。いくつもの問題児事業を抱えていると、次第に資金不足に陥り、どの事業も十分に育て上げることができなくなる。これを避けるためには、選択と集中投資が必要であり、自社の財務状況に合わせた事業の絞り込みが求められる。問題児事業は、シェアが低いまま時が経って市場成長が鈍化すると、挽回の余地がなくなり「負け犬」事業となってしまう。