1. fixed Cost
  2. 操業度や売上高の変動にかかわらず一定額発生する費用。
  3. 固定費には、機械のリース料、設備の減価償却費、従業員の給料などが含まれる。これらは生産・販売がゼロでも発生する費用である。「マーシャルは減価償却費用を2つに分け、生産を行っても行わなくても生ずる損耗部分、すなわち不変的減価償却費用を固定費用に、使用に伴い損耗する可変的減価償却費用を変動費用に加えた。固定費用はこの不変的減価償却と地代と管理的な職員の給与を加えたもので、マーシャルはこれを、間接費用(または補足的費用)と呼んだ。また、原材料費用と賃金費用と不変的減価償却費用を直接費用(または間接的費用)と呼んだ。」 利子はイギリスの経済学では伝統的に利潤からの分岐で費用ではないが、フランス・ドイツなどの経済学ではレオン・ワルラスのように費用として扱い、固定費用に入れられる。ミハウ・カレツキも同様である。 なお、固定費はあくまでも短期間について一定と見なせる費用であり、数年という長期で見たときには、売り上げに応じて増加することが多い。