1. geographic variables
  2. マーケット・セグメンテーションの切り口の1つ。具体的には、地方、気候、人口密度、都市化の進展度、政府による規制、文化、顧客の行動範囲などがある。
  3. 地理的変数は、マーケティング・ミックスや経営戦略に、大きなインパクトを与える場合が多い。例えば、アメリカを市場セグメントとして進出するならば、必然的にそこで流通チャネルを築かなくてはならない。また、飲料缶などのように価格対重量比が小さく、工場と市場を近づけなくてはならない場合には、その工場立地まで制限されてしまう。 なお、情報化が進み、都市と地方との情報格差が小さくなってきた昨今は、地理的変数の重要度は以前よりも小さくなってきた。しかし、市場のグローバル化を図る場合には、地域によってマーケティング・ミックスを変える必要も出てくる。例えば、薬品には各国個別の安全基準や輸出入規制があり、乗用車には左ハンドルの地域と右ハンドルの地域がある。
  4. 「また地理的変数は、ジオグラフィック変数とも言う」