1. law of large numbers
  2. 十分な標本数の集団を調べれば、その集団内での傾向は、その標本が属する母集団の傾向と同じになること。
  3. もともとは確率論の定理。例えば、投げて表が出る確率が50%というコインをn回投げるとする。このとき、nが小さいうちは、「n回のうち実際に表が出た割合」は50%にならないことも多いが、nが何百回、何千回と大きくなればなるほどほとんど50%になる(50%にならない確率が減っていく)。 これが統計の領域に応用されることで、サンプリング調査が生まれることになった。 また、将来のある事象の発生確率を過去のデータから推定することができるという面で、保険業をはじめ、将来のリスク管理を必要とするビジネスにおいて、広く応用されている。