• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

差額原価収益分析

ブックマークへ登録
  1. incremental differential cost revenue analysis
  2. いくつかのオプションの中から企業にとって最も有利なオプションを選択するために、それぞれのオプションを比較して評価する、特に短期的な意思決定のツール。
  3. まず、あるオプションを選択した場合に獲得することができる収益と、他のオプションを選択した場合に得られる収益との差額(差額収益)と、逆に発生するコストの差額(差額原価)を見積もる。その差額として、あるオプションを採用した場合に得られるであろう利益と、他のオプションを採用した場合の利益との差額(差額利益)を算出することによって、会社にとって最も有利なオプションを選択する。 この方法は、あくまでコストの観点から短期的にオプションを比較することを目的としている。ある製品が製品ライフサイクルのどの段階にあるかによって、将来的な売上やコスト構造に変化が生じることや、中長期的な企業全体としての経営戦略との整合性も考慮しておく必要がある。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。