1. もともと、ある目的を実現するために手段を選択したはずなのに、その手段を実行すること自体が目的化してしまうこと。
  2. 例えば、社員のモチベーションを向上するために導入した社員旅行が、年数を経るうちにそれ自体が目的化し、モチベーション向上にはつながらないケースが挙げられる。 因果関係を考える際の、チェック・ポイントの1つとなる。