• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

損益計算書(P/L)

  1. Profit and Loss Statement : P/L
  2. ある一定期間における会社の活動を数字で集計した結果。売上高などの収益から費用を差し引いて、会社がある一定期間にどれだけの儲け、つまり利益を生み出すことができたのかを表したもの。
  3. この一定期間とは、通常1年であるが、決算期間を変更したり、合併したりしたような場合には1年以内の期間となることもある。貸借対照表(B/S)が一時点での状況を表すストックの概念であるのに対して、損益計算書は一定期間の会社の活動をすべて集計したフローの概念と言える。 損益計算書は、収益を売上高、営業外収益、特別利益の3つに、費用を売上原価、販売費および一般管理費(販管費)、営業外費用、特別損失、法人税、住民税および事業税の5つに分類し、5段階の利益、つまり売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益を算出していくように構成されている。 このうち収益については、会社の本業からの収益を売上高、受取利息などの財務活動を中心とした通常の状態で得られる本業以外の収益を営業外収益、向上の売却による利益など臨時あるいは異常な状態で発生する収益を特別利益としている。 費用については、売上の直接的なコストである商品の仕入原価あるいは製品の製造原価を売上原価、営業担当者の給与や営業所の家賃などの販売あるいは一般的な管理のための費用を販売費および一般管理費、支払利息などの財務活動を中心とした通常の状態で発生する本業以外の費用を営業外費用、固定資産売却による損失など臨時あるいは異常な状態で発生する費用を特別損失、税金をまとめて法人税、住民税および事業税としている。
  4. 「また損益計算書(P/L)は、インカム・ステートメント(Income Statement)とも言う」