1. standard cost
  2. 材料や労働時間などの消費量について、科学的あるいは統計的な調査を行い、能率的な状態での消費量を求め、それに通常の状態で予想される価格を乗じて算出した原価。
  3. 標準原価は、予算設定の段階で、原価予算の基礎資料として利用される。さらに、標準原価と実際原価の差異を計算して製造現場における問題点を発見したり、各現場担当者の行動が効率的であったかどうか業績評価の基準にしたりという利用方法もある。 標準原価は、その厳しさのレベル、つまりコスト削減の目標をどの程度に設定するかによって、さまざまな種類のものがある。コスト削減目標を与えられる現場担当者の動機づけにも密接に結びつくため、標準原価の厳しさは慎重に検討する必要がある。