1. empowerment
  2. 与えられた(業務)目標を達成するために、組織の構成員に自律的に行動する力を与えること。
  3. 権限委譲(エンパワーメント)の特徴は、①自立性を促し ②支援することにある。 ①については、業務の遂行にあたり経営者やマネジャーが業務目標を明確に示す一方、その遂行方法は従業員の自主的な判断に任せることである。②については、具体的な指示や解決策を従業員に与えるのではなく、従業員自身が問題点を発見し、不足する能力を開発できるよう環境を整えるといった形をとる。 昨今では、組織構成員の自律的な行動の重要性が高まっている。これまでにも「好きなようにやってみろ」と部下に任せ、自律的な行動を促すことができる上司は数多く存在した。しかし、そうした上司の取り組みは個人的な行動パターンとして捉えられ、経営の技術として意識的に習得するものという認識はなかった。 今後は、経営者やマネジャーはリーダーシップを発揮するために必要な技術として、権限委譲を習得する必要がある。 なお、かつて権限委譲はdelegation、つまり意思決定権や責任を単に委譲することを指していたが、昨今のempowermentには、自立を促しそれを支援するといった意味合いが含まれている。
  4. 「また権限委譲は、エンパワーメントとも言う」