1. environmental accounting
  2. 事業活動における環境保全のコストとその効果を、可能な限り定量的に測定して伝達する仕組み。
  3. 環境会計の機能は、内部機能と外部機能に分けられる。 ①内部機能 コストと効果を評価して環境保全対策をより効率的、効果的なものにするために、また、環境保全活動が事業活動に与える影響を把握するために有効である。すなわち、環境会計の利用は、経営管理ツールとしての役割が期待される。 ②外部機能 環境会計情報の公表は、企業等の環境保全への取組をステークホルダーに伝達するために有効である。アカウンタビリティ(説明責任)を果たすと同時に、環境に配慮した事業活動に対する適切な評価に結びつく役割が期待される。