1. 企業を取り巻く内部・外部の経営環境を分析すること。
  2. 競合を制するためには、的確な環境分析が欠かせない。状況を正確に把握し、必要な情報を取捨選択し、それらを深い洞察力をもって解釈することにより、市場の機会と脅威を見出し、戦略課題を抽出するのである。 環境分析は、大きく外部分析と内部分析に分かれる。このうち、外部環境である顧客分析(Customer)と競合分析(Competitor)、および内部環境である自社分析(Company)の3つをまとめて3C分析と呼ぶ。 これに、外部環境分析であるマクロ環境分析を加えた4つが、主な環境分析である。