• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

知的財産

  1. intellectual property
  2. 知的経営資源である、無形の財産に与えられた財産権。
  3. 知的経営資源とは、著作物やプログラムなどの創作物そのもの、商標、商号や意匠、イメージといった営業の識別となる標識、特許、実用新案といった技術上のノウハウなどがある。基本的には法律でそれぞれの権利は保護されている。 米国では、1985年のレーガン政権下に米国の産業競争力に関する提言報告書として提出された「ヤングレポート」の中で、新技術の創造と保護が重要と提言され、米国の知的財産政策の見直しにつながった。 日本では、2002年の小泉政権下に、経済産業省が産業競争力と知的財産についての報告書をまとめ、知的財産戦略会議が設置され、同年12月には知的財産基本法が成立している。 国際機構としては、WTOが知的財産権についても統括している。しかし、海賊版コピーの流通など、特定の国における知的財産権保護対策の課題が大きく残されている。