1. 事業部の業績評価を公正に行うために、各事業部の資金の使用量に応じて金利を負担させる制度。
  2. 資金の使用量には、事業部の総資産から借入金を除く流動負債を差し引いたものを利用する場合が多い。 適用する利率は、①財務部の実効金利に合わせて決める ②市中金利の動きに合わせて決める などの方法がある。①は財務部の運用の巧拙が事業部の業績に反映されてしまうためあまり好ましくなく、②を採用するのが一般的である。