1. competitor analysis
  2. 戦略策定の際に競争相手を分析すること。
  3. 戦略策定のための基礎的な分析としては、3C分析、マクロ環境分析がある。3C分析は、「市場分析(customer)」「自社分析(company)」「競合分析(competitor)」の3つをカバーするものである。 具体的な分析項目としては、誰が競合か、競合のバリューチェーンや技術・ノウハウ、財務状況、シェア、商品ラインナップなどがある。近年では、組織や人材などが競争優位性の源泉となるという認識から、人的資源の特徴やや企業文化なども競合分析に含める場合もある。 競合分析に当たっては、現在の競合はもちろんのこと、潜在的に競争する可能性のある新規参入者や代替品についても意識しておくことが望ましい。