1. responsibility accounting
  2. 組織の管理責任と会計上の責任を結びつけ、原価や利益目標を各責任単位に割り振り、責任者の業績を明確に測定・評価するための会計。
  3. 責任者がその管理単位の経営について責任を持つことになる。 各管理者の責任は管理可能性を鑑みて課されており、管理不能な原因による目標未達は責任の範囲外とされる。