1. capital market line
  2. 株式投資家は、株式のポートフォリオと無リスク資産(国債)を組み合わせることで最適なポートフォリオを組もうとする。株式投資に関するリスクとリターンの関係を図式化したグラフ(X軸に標準偏差、Y軸にリターン)には効率的フロンティアと呼ばれる曲線が描かれるが、リスクフリーのリターン値からスタートし、この効率的フロンティアと接する直線を資本市場線と呼ぶ。
  3. この直線の意味するところは、所与のリスクにおいて最大のリターンをもたらす点の集合体であり、合理的な投資家はこの直線上のどこかのポイントを選択すると考えられる。どのポイントを選択するかは、投資家のリスク嗜好度・許容度次第である。 例えば、リスク回避型の投資家は国債の比率が高いポイントを選択し、リスクを好む投資家は株式の比率の高いポイントを選択することになる。