1. 自社が現在行っている既存の事業と、関連性が高い事業へ進出することで成長していく戦略。
  2. 多角化には既存事業との関連性が高いものと低いものがある。 既存事業の製品や市場、流通、技術などとの共通性が高い場合には、既存資産やノウハウも活かしやすい。非関連多角化に比べ、成功しやすいといえる。