1. group
  2. ある特定の目的を達成するために形成された、複数の個人の集まり。単に何人かが同じ場所に集まっただけの状態は集団とは呼ばないが、組織目標を持っている企業は大きな集団と言える。
  3. 集団における個人の行動には、その人が集団に属していないときの行動とは異なる特徴が見られる。そうした特徴は、目標達成に対してよい結果をもたらすことも、望ましくない結果をもたらすこともある。 また、企業には通常、公式集団(フォーマル・グループ)と非公式集団(インフォーマル・グループ)が存在する。企業が公式に形成する公式集団では、達成すべき目標と職務や役割が組織によって明確に定められる。一方、非公式集団は、自然発生的に形成されるもので、多くの場合、個人的な人間関係に基づいている。そこには、組織によって公式に定められた目標や役割はなく、集団構成員間の非公式な交流の中で共有された、共通の利害や関心が存在する。非公式集団における人間関係や交流は、公式集団における行動や業績に影響を及ぼす。