• 意味
  1. activity-based manegement
  2. ABC(活動原価基準管理)によるコスト情報をもとにして、それを業務の改善に結びつけ、利益の改善を目指していく考え方。
  3. アメリカでは80年代の終わりごろから、多くの会社が業績立て直しのためにコストダウンの必要性に迫られビジネス・プロセス・リエンジニアリングを行った。この中で、ABCが業務改善のポイントを見つけ出す手法として使われたのである。 そこから一歩踏み込んでコストを減らすためには、機能を簡素化したり時間を短縮するなどによってコスト・ドライバーを削減したり、在庫の保管など顧客に付加価値を生み出さない無駄なアクティビティを見直すことが必要になる。さらに、効率の悪いアクティビティをアウトソーシングすることや、効率よく作業が行えるように教育訓練の方法を見直すことなども考えられる。 つまり、ABCの情報を、コスト削減へ結びつけていくための仕組みがABMである。