1. attention, interest, desire, motive, action
  2. 消費者の購買決定プロセスを説明するモデルの1つ。
  3. 消費者はまず、その製品の存在を知り(Attention)、興味をもち(Interest )、欲しいと思うようになり(Desire)、動機を求め(Motive)、最終的に購買行動に至る(Action)という購買決定プロセスを経る。 このうち、Attentionを認知段階、Interest、DesireおよびMotiveを感情段階、Actionを行動段階と区別する。 このように、購買決定プロセスをいくつかに分解して、顧客がどの段階にあるかを見極めることで、マーケティング担当者は、顧客の状態に応じたコミュニケーション戦略をとることができるようになる。 なお、AIDMAのMを、記憶(Memory)と定義するモデルや、確信(Conviction)とするAIDCAモデルもある。他にも、AMTULモデル、AIDAモデルなどがある。最近では、ネットにおける購買決定プロセスモデルとして、AISAS、すなわち、注意(Attention)→ 関心(Interest)→ 検索(Search)→行動(Action)→意見共有(Share)というモデルも利用されている。 どの購買決定プロセスモデルを用いるのが適切かは、その製品やサービスがおかれた状況による。
  4. 「またAIDMAは、AIDMAの法則,アイドマの法則とも言う」