• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

P2P

  1. peer to peer
  2. PC端末同士が直接・対等にデータをやり取りして実行する、新しいコンピューティング方式。
  3. 従来のインターネット利用では、クライアントPCがサーバーから情報を得る、クライアント・サーバー(C/S)方式が主流であった。 P2P方式の代表的なソフトとしては、米ではNapster、日本ではWinnyといったファイル交換ソフトがある。 P2P方式を用いたビジネスがいくつも試行されたが、Napsterのように音楽ファイルの不法コピーなど著作権侵害事件が数多く起きたため、現時点では社会的に消滅しつつある。現在までのところ、無料電話サービスのskypeで利用されているほか、grooveのようなグループウェアとしてのアプリケーション・ビジネスが行われている程度である。2005〜6年に日本で多発したWinnyによる情報漏洩事件も、ネットワークがもつ本来の特質である、情報漏洩の容易さと、流失情報の消去・回収の困難さを極端な形で世に知らしめた。 P2Pは強力な方式であるものの、この技術の本格的な応用の発明・発見はこれからだといえる。