• 意味
  1. sales force automation
  2. IT技術を用いて営業部隊の生産性向上、効率化を進めること。またそれを実現するための情報システム。
  3. SFAの実現に、ITシステムは不可欠である。基本的には、社内イントラ、グループウェア、PCとメールアドレスの付与などにより、営業日誌、顧客データベース、受注データベース、スケジュール管理などをITシステム上で共有する。それによって、販売員1人当たり売上高増などの営業活動の省力化・効率化、営業プロセス状況の把握、顧客管理の一元化、情報、知識の共有、営業の人材育成などの効果を果たすことを目的とする。 1990年代後半から、生命保険会社がモバイル端末を使って客先で保険設計書を作成するなど、日本でもSFA導入が広がり始めた。2000年前後にSFAが急速に普及した背景には、情報端末やISDNなどの、情報インフラの普及があるといわれている。