2020年11月24日をもって「損害保険用語集」の提供を終了致します。
ご了承の程、何卒宜しくお願い申し上げます。


  1. 地震保険でいう全損、半損、一部損とは具体的には次のような損害の程度をいいます。

    [全損]

    建物 主要構造部の損害額 建物の時価の50%以上の場合
    焼失または流失した床面積 建物の延床面積の70%以上の場合
    床上浸水 -
    家財 家財の損害額が家財の時価の80%以上の場合

    [半損]

    建物 主要構造部の損害額 建物の時価の20%以上50%未満の場合
    焼失または流失した床面積 建物の延床面積の20%以上70%未満の場合
    床上浸水 -
    家財 家財の損害額が家財の時価の30%以上80%未満の場合

    [一部損]

    建物 主要構造部の損害額 建物の時価の3%以上20%未満の場合
    焼失または流失した床面積 -
    床上浸水 建物が床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水を受けて損害が生じた場合で、その損害が全損・半損・一部損に至らないとき
    家財 家財の損害額が家財の時価の10%以上30%未満の場合

    ※主要構造部とは、建築基準法第2条第5号に掲げている「主要構造部」および同法施行令第1条第3号に掲げられている「構造耐力上主要な部分」をいいます。

    「主要構造部」-【建築基準法第2条第5号】

    壁、柱、床、はり、屋根または階段をいい、建築物の構造物の構造上重要でない間仕切壁、間柱、附け柱、揚げ床、最下階の床、廻り舞台の床、小ばり、ひさし、局部的な小階段、屋外階段その他これらに類する建築物の部分を除くものとする。

    「構造耐力上主要な部分」-【建築基準法施行令第1条第3号】

    基礎、基礎ぐい、壁、小屋組、土台、斜材(筋かい、方づえ、火打材その他これらに類するものをいう。)、床版、屋根版または横架材(はり、けたその他これらに類するものをいう。)で、建築物の自重もしくは積載荷重、積雪、風圧、土圧もしくは水圧または地震その他の振動もしくは衝撃を支えるものをいう。

    ※地震等による地すべり、山崩れ、崖崩れなどによる急迫した危険が生じたため、居住用建物が居住不能(一時的な場合を除く)になったときは、これを建物の全損とみなします。


    ※区分所有建物(分譲マンション等)の場合、次のように認定されます。

    ・建物:専有部分と共用部分それぞれの部分ごとに別個に行います。

    ・家財:家財全体についてこれを収容する各専有部分ごとに行います。


    なお、損害調査においては、建物の機能を確保する部位で損害が外観上発生することが多い箇所を着目点とします。