1. Threshold反応などを起こすために加える物理量の最小値または変化点。ネットワーク監視装置などで、どの程度のエラーパケットを発見した場合に障害とみなすかを設定した値。