• 意味
  1. ネットワークの信頼性向上や利便性の向上のために出口となるゲートウェイを2つ持つこと。マルチホーミングとも呼ばれるが、こちらは2つ以上の接続をもつ場合にも用いられる。通常利用するマスターとバックアップで利用するスレーブを持ち切り換えるような利用方法のほか、イントラネット、エクストラネットのような使い方も行われる。