• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ハイブリッド型年金制度

  1. 確定給付型年金(DB)制度と確定拠出型年金(DC)制度の両方の性質を併せ持つ年金制度のことであり、「混合型年金制度」ともいう。DB制度とDC制度は、どちらか一方が優れているのではなく、それぞれメリット・デメリットを有するが、ハイブリッド型年金制度は、両制度の欠点を相互補完し、企業ニーズに応じた柔軟な制度設計を可能にするものとして、注目されている。日本では、平成14年4月より、厚生年金基金・確定給付企業年金において、ハイブリッド型年金制度のひとつであるキャッシュバランスプランの導入が可能となった。