• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

マクロ経済スライド

  1. 国は、少なくとも5年ごとに、年金財政の現況及びおおむね100 年程度の間(財政均衡期間)にわたる年金財政の検証を行うが、財政の均衡が保たれないと見込まれる場合には、政令で定める調整期間の間、社会全体の保険料負担能力の伸びを年金改定率に反映させることにより、年金額を調整する。このように給付水準を緩やかに調整していく仕組みを「マクロ経済スライド」という。ただし、調整は名目額を下限とし、名目額は維持される。
    ・ 新規裁定者の改定率:手取り賃金の伸び率 - スライド調整率(※)
    ・ 既裁定者の改定率:物価の伸び率 - スライド調整率(※)

    (※)スライド調整率:公的年金全体の被保険者数の減少+平均的な年金受給期間(平均余命)の伸びを勘案した一定率