• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

剰余金

  1. 財政決算では、保有する年金資産と年金債務とが比較され、年金財政が均衡しているかどうかが検証される。ここで、年金資産が年金債務を上回った場合、当該上回った部分のことを剰余金という。適格退職年金において剰余金が発生した場合は、財政再計算時に事業主へ返還しなければならない。また、厚生年金基金及び確定給付企業年金の場合は、前期末に繰越不足金が計上されていれば、これに充当し、なお剰余金がある場合は「別途積立金」として留保することとなる。また、剰余金が一定以上発生すると、掛金の全部又は一部を停止するコントリビューションホリデイが適用されることになる。