• 意味
  1. 厚生年金基金における給付水準の向上を目指して、基金の努力目標として達成すべき給付水準のこと。厚生年金保険法第132条に規定されている。具体的には、代行部分の給付水準の3.23倍に相当する水準(平成16年の法改正により平成17年4月に2.84倍から3.23倍に改正された)。