• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

基本加算年金

ブックマークへ登録
  1. 平成17年10月1日よりポータビリティの拡充が図られたことに伴い基本加算年金は名称が通算企業年金へと変更され、その給付形態も変更された。なお、経過措置として従前の旧厚生年金基金連合会規約を適用することとされている者については、従前の基本加算年金が支給される。平成17年9月30日以前の取扱いは以下の通り。

    【従前の基本加算年金】
    厚生年金基金の中途脱退者(現在は連合会移換者)については、基本部分の給付は「基本年金」として、支給義務が厚生年金基金連合会(現企業年金連合会。以下同様。)へ移転される。また、加算部分の給付についても、脱退時に厚生年金基金から脱退一時金として支給する以外に、本人の申出により脱退一時金相当額を厚生年金基金連合会へ移転し、これを原資として基本年金に加算して年金給付を受けることができる。これを「基本加算年金」という。なお、基本加算年金は、選択一時金で受けることができ、保証期間内に死亡した場合は死亡一時金も支給される。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。