• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

定額部分

  1. 厚生年金では、65歳より前から支給される「特別支給の老齢厚生年金」があり、定額部分及び報酬比例部分から成る。このうち定額部分とは、年金額が厚生年金の加入期間に応じて決まる部分であり、「生年月日による単価 × 加入月数 × 物価スライド率」で計算される。平成6年の法改正により支給開始年齢が段階的に引上げられ、男性は昭和24年4月2日以降に生まれた者、女性は昭和29年4月2日以降に生まれた者について、定額部分はなくなり、60歳から65歳までの間の年金は、報酬比例部分のみとなる。この報酬比例部分についても、平成12年の法改正で支給開始年齢が段階的に引上げられ、男性は昭和36年4月2日以降に生まれた者、女性は昭和41年4月2日以降に生まれた者について、60歳から65歳までの間の年金はなくなり、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金が支給されることとなる。

    【定額部分の支給開始年齢】
    支給開始年齢 生年月日
    60歳 S16.4.1以前(男子)
    S21.4.1以前(女子)
    61歳 S16.4.2.~S18.4.1 (男子)
    S21.4.2.~S23.4.1 (女子)
    62歳 S18.4.2.~S20.4.1 (男子)
    S23.4.2.~S25.4.1 (女子)
    63歳 S20.4.2.~S22.4.1 (男子)
    S25.4.2.~S27.4.1 (女子)
    64歳 S22.4.2.~S24.4.1 (男子)
    S27.4.2.~S29.4.1 (女子)