• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

年金投資基金信託

  1. 委託された年金資産について、運用対象(債券、株式、外貨建証券、貸付金、不動産信託等)ごとにまとめて合同運用を行なうことを目的につくられた信託です。個々の委託者の資金(特に、委託者の資金が小口の場合)をプールして運用することで、運用効率の向上や運用コストの軽減及び投資リスクの分散化を図る等小口資金の効率的な運用が可能になるといったメリットがあります。 現在、年金投資基金信託には、基準価格制を採用する公社債口、株式口、外貨建証券口と、積数制を採用する貸付金口、動産信託口、不動産信託口、金銭債権信託口の7つがあります。