• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

年金換算率

  1. 一般に、一時金原資から年金額を算出する際に用いる利率を、年金換算率(又は年金給付利率)という。具体的には、(年金額 = 一時金原資 ÷ 年金現価率)において、年金現価率の基礎となる利率をいう。ここで、年金換算率が大きいほど、年金現価率は小さくなり、年金額は大きくなる。つまり、年金換算率は、年金額に含まれる一時金原資に対する利息の利子率といえる。 また、年金受給権者が年金額から選択一時金を算出する際にも使用される。具体的には、(選択一時金額 = 年金額 × 年金現価率)において、年金現価率の基礎となる利率として使用される。