• 意味
  1. 年金基金が運用目標を達成するために、基金の成熟度や母体企業の財務状況などを勘案し、リスク許容度に応じて中長期的な視点で策定する制度全体のアセット・ミックス(資産構成比)をいいます。