• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

移行調整金残高

ブックマークへ登録
  1. 平成9年度末の厚生年金基金における年金資産の時価評価への移行に伴い発生した評価損は特別掛金として償却する方法が原則であったが、財政運営上の健全性が確保できると認められる場合、移行調整金残高を計上することができた。移行初年度の移行調整金残高は、評価損の10分9を限度として計上し、平成10年度以降の決算で毎年9分の1以上を取り崩す(→不足金として処理する)ことにより、平成18年度末までに解消する必要がある。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。