• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

繰上げ支給

  1. 老齢基礎年金の支給は原則65歳からであるが、本人の希望により60~64歳からの支給を請求することができる。これを繰上げ支給という。繰上げ支給を請求した場合は、支給開始年齢に応じて本来の年金額が一定の率で減額される。老齢厚生年金についても、同様に繰上げ支給の請求ができる。なお、両方とも繰上げ支給の請求ができる者は、両方とも同時に請求しなければならない。 厚生年金基金の加算部分についても、年金の繰上げ支給制度を設けることができる。