• 意味
  1. (1) 厚生年金の被保険者が死亡した場合、(2) 厚生年金の被保険者であった者が在職中の病気やケガが原因で死亡した場合、(3) 老齢厚生年金の受給資格を満たしている者が死亡した場合、等に遺族に支給される厚生年金の給付のこと。遺族の範囲は、その死亡者により生計を維持していた配偶者、子、父母、孫、祖父母となる。18歳未満(18歳の誕生日の属する年度末まで)の子、又は18歳未満の子のいる妻については、遺族基礎年金も併せて給付される。