• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む
  1. 「金銭信託」とは、信託引受の際に金銭を信託財産として受け入れ、信託期間の終了時には信託財産を受益者に金銭で給付する信託をいう。従来、厚生年金基金が信託銀行との間で締結する信託契約は、全て金銭信託とする制限があったが、平成11年4月から年金信託契約及び年金指定単契約について、また平成12年6月から投資一任契約を締結する際に厚生年金基金が結ぶ運用方法を特定する信託契約(特定信託契約)について、金銭信託の制限が撤廃された。現在、厚生年金基金が結ぶ全ての信託契約について、金銭信託の制限はない。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。