出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. 地震の揺れなどで建築部材がずれて切断される「せん断」による破壊を防ぐために使われる鉄筋。柱や梁のような建物の構造を支える軸が曲がらないようにする鉄筋を「主筋」といい、この主筋に巻きつけて束ねる形で「せん断補強筋」が使われる。柱の主筋に水平につけるものを「帯筋」や「フープ」、梁の主筋に垂直につけるものを「あばら筋」や「スターラップ」という。高強度せん断補強筋にスパイラル筋や溶接閉鎖型筋がある。