出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. 家庭用の生ゴミ処理法のうち、電気を使用しないで行う方法。バケツ状などの容器を庭の土に少し埋め込むようにして設置し、その中に生ゴミを投入して分解させる。生ゴミだけでなく、雑草、落ち葉などを加えたり、土や発酵促進剤を振りかけて分解を促し、処理後はたい肥として利用する。簡単な構造なので電気式の生ゴミ処理機と比べて安価だが、庭に余裕がないと設置しづらい難点も。自治体によっては購入あっせんや補助金の制度がある。