出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. スラブ(slab)の原義は、材木の平板や石板のこと。マンションでは、鉄筋コンクリートの床版のことを床スラブという。建物の構造強度を確保するという点では、スラブ厚は12~15cm程度でも安全。しかし、床を通して上下階に響く騒音を防いで遮音性を高めるために、床スラブは厚くて重くなる傾向にある。最近は18~22cm程度が一般的になってきた。高級マンションになると25~30cmを確保しているケースもある。