出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. 木材を細かく削ったり粉砕した小片を主な原料にして、接着剤を使って熱圧成形した板。「particle board」。長さ1~2cm、厚さ0.5mmの砕片を内側に、0.2mm程度の微細粉を表層にしてある。成形したままの素地状のタイプ、両面に単板を張ったタイプ、合成樹脂シート・フィルム・コート紙などを張った化粧タイプがある。間伐材や合板の廃材などが原料に使われる。「チップ・ボード」「削片板」ともいう。