出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. 広義には、2つ以上の生活拠点を持つこと。「multi(多くの)・habitation(住居)」。「平日と週末」「都心と郊外」「都会と田舎」「日常と非日常」など、複数の用途や場所を使い分ける。狭義では総務省が進める地方の過疎化対策のひとつで、人口流出や高齢化の進む農産漁村の再生のために、観光と定住の中間形態であるマルチハビテーションを「交流居住」と位置づけ、都市生活者の地方への半定住を促進するもの。