出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. ハウスメーカーが開発した企画型商品の実物大住宅見本のこと。商品パンフレットには「1坪当たり○万円から」というように出ているが、モデルハウスの建築費はそれよりも高い。商品バリエーションの豊富さを見せて「夢を売る」ことを目的にしているため、標準仕様以外のオプションを多用している。延床面積も60坪(約200平方メートル)程度と一般的住宅よりも広い。外観イメージや個々の設備仕様を見るための参考程度に考えること。