出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. workability。生コンの打ち込み作業のしやすさを表す用語で、「施工軟度」ともいう。水分量の多さの他に、コンクリートの流動性、粘り、材料分離への抵抗性など、さまざまな要素が関係するため、経験的な側面もある。具体的な指標としてはスランプ値で表されるのが普通。軟らかいコンクリートほどワーカビリティが高い。なお、打ち込み作業の難易度だけを表すのは「プレーサビリティ(placeability)」。