出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. 高効率のガス給湯器。従来のガス給湯器では熱効率が80%で残り20%は排気ロスになっていた。これに対して潜熱回収型給湯器は、排ガスに含まれる水蒸気が水に戻る時に放出される凝縮熱=潜熱を、耐腐食性に優れた金属製の二次熱交換機を用いて回収・再利用することで、熱効率を95%まで高めた(暖房機能を利用する場合は89%)。ガスの使用量も13%削減できる。潜熱を回収する方法を「コンデンシング技術」ともいう。